ごあいさつ

沖縄県立中部病院では脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などの脳卒中や頭部外傷の患者さんの救急治療・手術をはじめ、
脳腫瘍など脳神経外科手術を中心とした医療に携わってきました。
これまで培ってきた経験を今後は読谷の地で生かしていきたく、この度「読谷紅いもクリニック」を開業する運びとなりました。

読谷紅いもクリニックでは頭痛、めまい、痛み、しびれ、もの忘れなどの症状だけでなく、
高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病やお薬のことなどいつでも気軽に相談に来て頂ける医療を提供して参りたいと考えています。
禁煙できずに困っている方を対象とした禁煙外来も開設しサポートします。

また、これまで読谷村では検査のできなかったMRIを新規導入致しました。
脳ドックをはじめとする健診や普段の診療の精密検査として地域のみなさまに活用して頂ければ幸いです。
体幹部MRIや四肢・関節用MRIコイルも常備しております。各診療科で必要なMRI検査があればいつでも気軽にお申し付け下さい。
提携先の放射線科医による読影レポートも添えて検査結果をお返しします。
脳ドックMRIは健診受診者がお住まいの自治体から一定額の助成が受けられる健診事業の一環として行っていけるよう準備を進めています。

経営理念

読谷紅いもクリニックを開業するに至った “想い”

脳神経外科診療の花形は手術かも知れません。 難しい手術が上手くいき、患者さんがよくなっていく姿をみる喜びは何物にも代えられません。 脳神経外科医としてのやりがいを一番感じる瞬間です。
 長時間手術の疲れも吹っ飛んで、また次の手術に備えるモチベーションに繋がります。手術がうまくなりたい、手術で患者さんをよくしたい、世界中の脳神経外科医はその思いで日夜経験を積み、切磋琢磨し続けています。
そうした手術を中心とした大病院、急性期病院でこれまで診療を続けてきました。

一方で脳神経外科医の仕事は手術だけではなく、むしろ手術以外の役割の方が多いのも事実です。
 脳卒中などにならないようふだんから血圧を管理する、禁煙や食事、運動について指導し病気にならないよう取り組んでもらう、病気になって手足の麻痺や言語障害など後遺症に困っている患者さんを機能回復できる環境に誘導し指導する、などなどたくさんの役割も担う必要があります。
 また外来には地域の先生方から神経学的な診断・検査、手術適応の判断などを求めてたくさんの患者さんが紹介されて来ます。神経学的な診察と必要に応じてMRI/MRAなど脳の検査と頭頚部血管の検査を行い、それらの結果全てを踏まえて手術が必要なのか、そのまま経過観察で問題ないのか、そもそも心配ないものなのかを総合的に判断します。

しかし紹介で受診された当日は診察が主で、検査は後日改めて予約を取る、次回の診察時に総合的な判断結果をお話するという流れになることがほとんどです。 大きな病院では入院・外来患者さん全部の検査を同じ機器で行っており、緊急性がない検査は後回しにならざるを得ません。 読谷村の診療所や開業医の先生方から紹介された患者さんも後日まで検査をお待ち頂くことが多く、申し訳ないという思いを持ち続けていました。
患者さんの多くは自分の頭のことだから少しでも早く調べて欲しい、異常がないのであれば早く安心したいと思っているはずです。

こうした思いを重ねるうちに自分が読谷村で脳神経外科専門医として診察し、必要に応じてすぐにMRI検査を行い、その場で総合判断結果をお伝えできるクリニックを開院すれば、いろいろ役立てることもあるのではないかと感じ始めました。
手術以外でもこれまで自分がしてきた役割を担い続けることで地域医療に貢献できると考え、開業を志すに至りました。 これまで以上にじっくりと患者さんと向き合い、密度の濃い診療を提供したいと考えています。
地域住民のみなさまと一緒に「読谷紅いもクリニック」を育てあげ、地域に根ざした存在となれるよう頑張りたいと考えています。
今後とも末永く宜しくお願いします。

医師紹介

院長:矢野 昭正(やの あきまさ)

略歴:
高知県高知市出身
1997年 岡山大学医学部卒業
岡山大学医学博士
日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中の外科学会 技術指導医
職歴:
1997年04月 岡山大学病院
1997年10月 住友別子病院(愛媛県)
2000年10月 岡山大学病院
2004年10月 三豊総合病院(香川県)
2009年04月 網走脳神経外科・リハビリテーション病院(北海道)
2010年04月 沖縄県立中部病院
2021年06月 沖縄県立中部病院脳神経外科を退職
2021年08月 読谷紅いもクリニックを開業
所属学会:
日本脳神経外科学会・日本脳神経外科コングレス
日本脳卒中の外科学会・日本脳神経外科漢方医学会